どのような場合に正規店に修理をお願いをするのがベスト?

故障の原因がわからない場合

一般的にiPhoneが故障してしまった場合は何らかの原因があるので、原因がはっきりしていれば正規店でなくても非正規店で対応してもらうことができます。ただ見た目からして破損や故障がわからない、内部に何らかの原因がある場合には非正規店では修理に対応できなかったり修復するためのパーツがないということも考えられます。
そのため故障の原因がわからないという場合には非正規店でお願いするよりも、正規店で修理してもらった方がいいと考えられています。

原因によっては非正規店でも対応できることがあるものの、複雑な原因だと修理中に何らかのトラブルが発生する恐れもあります。そのような場合でも正規店の方が安心して任せることができるので、修理をお願いするケースとしてはベストだと言えるのです。

保証期間中である場合

そしてもう一つ正規店にお願いすることがベストと言われているのが、保証期間中である場合です。 iPhoneは購入してから一定期間は保証を受けることができるため、通常ではそれなりに費用が掛かってしまう修理もリーズナブルにお願いすることができます。修理の内容によっては無償で受けられることもありますし、非正規店よりも安く修理できることもあるので正規店にお願いすると必ず費用が高くなるというわけではありません。 ただ正規店にお願いした場合には内容によって修理期間が長くなってしまうこともあるので、その点は理解しておく必要があります。ある程度修理期間が長くてもいいから安く修理してほしい人は、保証期間内にお願いすることがベストです。

メーカーでは、2015年9月~10月までに製造、指定シリアル番号のiphone6sのバッテリー 交換を無償で行っています。