正規店に修理をお願いした場合のデメリット

高額な修理費用を支払わないといけない恐れ

iPhone修理の正規店で依頼した時、他のお店よりも高額な修理費用を支払わないといけません。丁寧な修理をしてくれるのが正規店で、深刻な状況が発生してもほぼ完璧に修理してもらうことが可能です。綺麗に直してもらえる反面、高額な修理費用を請求されてしまうので、経済的な余裕が無い方には大きな問題です。特に購入してから一年以上期間が経過している場合は、修理保証外になる可能性が高いため、相応のお金を請求される可能性が高くなります。 予めiPhone修理正規店のホームページや電話で問い合わせをすれば、どのくらいの修理費用なのか聞くことができます。ただしガラスやバッテリー交換などの簡単な修理に対しても万単位の修理費用を請求されるのでデメリットです。

修理完了するまでに時間がかかるのがデメリット

非正規店にiPhone修理を依頼した時、即日対応してくれるケースがほとんどです。急にiPhoneが壊れてしまった時もすぐに直してもらえる為、再びiPhoneを快適に使用できるようになります。しかしiPhone修理正規店の場合は、修理完了するまでに早くても二週間ほどの期間が必要です。多くの人がiPhone修理正規店にiPhone修理依頼を行っており、混雑しているのが関係しています。また完璧に修理するには、故障に合わせてパーツや部品を揃えないといけないため、どうしても時間がかかります。 ガラスやバッテリー交換でも二週間ほどの期間が必要で、水没や全く電源が入らないという時は約一ヶ月ほど待たなくてはいけないです。

iphoneが起動しないと故障を疑う方もいますが、実は充電切れというケースも見られます。充電しても動かないなら、修理業者へ早めに相談するようにしましょう。